さくらんぼ🍒・・・ちょこっと風水&・・・

さくらんぼのことを調べていたら、こんな記事をみつけました。

私のガラケイ、docomoのiモード

f:id:vmari:20170628111048j:plain

なんだか素敵なタイトル!

これは婚姻率を上げそう。出生率を上げる・・・かもしれない

なので、書き起こしてみます。

 

置くだけ、捨てるだけ、動かすだけの超簡単な開運風水!

ちょっとしたアクションで、運気アップしてみましょう。

 

今の彼と結婚したいと思ったら、フルーツモチーフの小物を持とう!

 植物の恵みをたっぷり吸収して育まれたフルーツは、あらゆる実りの象徴です。

 風水では、女性においての結婚は「恋愛が実る出来事」と考えるため、日常の中にフ   ルーツのものを取り入れると、結婚に向けての気がどんどん増していくのです。

 今はいろいろなデザインがありますから、「恋人とそろそろ結婚したい」「彼からプロポーズしてほしい」なんて考えている人は、ぜひ小物やファッションに、フルーツモチーフをプラスしましょう。

 

プラスαの開運テク

 ワンピースやスカートなど、洋服そのものでももちろんいいのですが、ハンカチやポーチ、サブバックなどの小物に取り入れるのが手軽です。

 ポイント使いでもいいので、毎日持ち歩きましょう。上品なピアスやペンダントを身に着けたり、ネイルデザインに取り入れてもok!

 フルーツの種類は好きなものでかまいませんが、できれば「旬」の季節のあるものを、特に今が旬のさくらんぼ」は実も対になっておススメです。

 

 フルーツモチーフを身に着けるのは嫌という人は、フルーツ自体をたくさん食べましょう。旬のフルーツを中心にいろいろな種類を食してください。(余談ですが、フルーツを食べることは、がんのリスクを下げることにもつながりますが、食べすぎは糖分の摂りすぎにもつながるので、程ほどに)

 

 旬の食べ物はそのときの運も取り込めるので、全体的な運気もアップします。

 フルーツは、黄色やオレンジ赤など、運気的にアップする色のものが多くあります。

 

 結婚運はもちろんいろいろな運気を上げてくれる心強い存在です。

 ライフスタイルに合わせて取り入れ、うまく活用しちゃいましょう。

 

      (AYAKO)さんが書かれたものに、少し書き足しました。

   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

iモード公式占いサイト【西洋無料占い】

 

さくらんぼグッズの紹介です。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

   

 

  

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

手編みパーツ(さくらんぼ 小) BLAZE
価格:108円(税込、送料別) (2017/6/28時点)

 

 

それからこんな優れものも ・・・

 

 

 

さくらんぼ🍒

f:id:vmari:20170627143508j:plain

おいしそうなさくらんぼでしょう?

うふふ(*^-^*)

おいしいんです。

早速、箱を開けて・・・

「生ものですので到着次第箱から取り出し、冷蔵庫へお入れ下さい」

なんて書いてありますが、

おいしそうすぎて、水洗いして私のお口へ・・・

あっつ、全部じゃないので、ご心配なく!

夫の友人のKさん!

送っていただいて、ありがとうございます!」

 

パッケージに「全農山形の携帯サイトにアクセスできます」と書いてあったのでしてみました。

山形から、さわやかな初夏のたよりを運ぶさくらんぼ」

明治元年日本に入り、全国で栽培が試作され、実績を上げたのが山形県でした。それ以降県内に広がり、現在全国の生産量の約75%を占めています。栽培品種の中でも佐藤錦(さとうにしき)」が県内栽培の約70%で、主力となっています。近年では「紅秀峰(べにしゅうほう)」も人気とともに栽培量をのばし、次世代の担い手として期待も高まっています。

 

さくらん昔々

今では季節限定ではあっても、誰でも気軽に食べることのできるさくらん、ところが遡ること明治21年、汽車もない時代、山形のさくらんぼは木箱入りの荷姿で、なんと人力車や荷車で仙台まで運ばれ、高値で販売されました。明治34年にやっと奥羽線が開通。県外出荷の増加とともに栽培量も急速に増加し、今に至っています。

以下、成分や効能などが載っていますが、ここからは、JA全農山形webページから抜粋です。

http://www.zennoh-yamagata.or.jp/fruit/cherry.html

さくらんぼの収穫時期

さくらんぼの人気品種「佐藤錦」の出盛りは6月中旬から月末くらいまでです。
その後は、晩生で県の奨励品種の「紅秀峰」と続きます。

さくらんぼ(サクランボ・桜桃・チェリー)の収穫時期

 

さくらんぼの効能

さくらんぼ(サクランボ・桜桃・チェリー)写真鉄分は貧血や冷え性、疲労回復には、カロテンは疲れ目や肌荒れ予防、病気の回復に効果があります。また、カリウムは高血圧の原因にもなるナトリウムを体外に排出し高血圧を予防、同時利尿作用を発揮してむくみや慢性腎臓炎等に効果を発揮します。

それから携帯サイトの末尾に、ストレスの多い現代人にはもってこいの果物ですとありました。

 

さくらんぼ(サクランボ・桜桃・チェリー)|山形のくだもの・野菜・花〔JA全農山形|おいしい山形米・庄内米、山形特産さくらんぼをお届けします〕

「ゆほびか」📖って読んだことありますか?

 


「天使の竪琴CD」試聴 ゆほびか2017年8月号

 

これはゆほびか」8月号 特別付録の視聴版です。

美しい響きに涙があふれだす!

医師も活用!

シュタイナー医学の「天使の竪琴」CD

付録CDでは、全7曲;22分45秒の癒しの音が楽しめます。

 

聴いてみてください

 

涙が・・・

 

2017年6月16日発売  マキノ出版

www.makino-g.jp

 

私は、時々この雑誌が気になります。

なぜだかわからないけど・・・

いつもじゃないのだけれど・・・

多分、必要だからやってくるのだと思います。

 

こんな時には、読んでみないとね(*^-^*)

 

それから、眠りにつく前に流しているCDがあります。

それは、2013年10月号の特別付録

伊勢 出雲 森と清流の癒し音CD


「伊勢の音」森と清流の癒し音

 

 

それから、こんな動画もあります

youtu.be

マキノ出版ムック『「視力」が劇的によくなる特効セルフケア』 - YouTube

 

マキノ出版、いいかも・・・(*^-^*)

 

 

 

昨日は失敗してしまいました。・・・(>_<)

同じ記事が2つ・・・

今日気が付きました。

どうしたもんでしょうか?

 

どちらかを削除したら消えてしまう。

せっかく頂いたスター

う~ん、困りました・・・(´・ω・)

 

もうしばらくこのままにします。

 

 

話は変わりますが、

ようやく昨日雨が降りました。

 

がくあじさい

額紫陽花 が少し元気になりました。

 

f:id:vmari:20170622174906j:plain

 

              花言葉謙虚」です。

子供の頃はこの花のことを知りませんでした。

知ってからは、大好きになりました。

 

もう少し、雨が降ってくれるといいのにね。

・・・足の話・・・👣

「足裏ツボ」の画像検索結果   

wp.eco-cool-japan.com

ことを書こうと思ったのですが、こんなブログを見つけてしまいました。道草しているうちに時間がなくなってしまいました。

 

私が今日、言いたかったのは、

  バカの大足!

 

  間抜けの小足!

 

  ちょうどいいのがアンポンタン!!

 ・・・なんて、聞いたことありました?

夫がしきりに言っていたので、誰の名言かと思ったら、

子供の頃、おふくろがしょっちゅう言っていたと言う。

誰が最初に言ったやら?

興味のある人は調べてね・・・(*^-^*)

アンポンタンなんて、このご時世にきいたことないけど・・・

意味がわからない人も、調べてね。

こうして我が妹は、すぐに辞書を引く人間になったのです。

今なら、ググればわかるのでしょうか?

ためしてみてね・・・(*^^)v

 

 良い機会なので、足つぼ押しと、マッサージグッズを紹介します。

 

・・・足の話・・・👣

「足裏ツボ」の画像検索結果   

wp.eco-cool-japan.com

ことを書こうと思ったのですが、こんなブログを見つけてしまいました。道草しているうちに時間がなくなってしまいました。

 

私が今日、言いたかったのは、

  バカの大足!

 

  間抜けの小足!

 

  ちょうどいいのがアンポンタン!!

 ・・・なんて、聞いたことありました?

夫がしきりに言っていたので、誰の名言かと思ったら、

子供の頃、おふくろがしょっちゅう言っていたと言う。

誰が最初に言ったやら?

興味のある人は調べてね・・・(*^-^*)

アンポンタンなんて、このご時世にきいたことないけど・・・

意味がわからない人も、調べてね。

こうして我が妹は、すぐに辞書を引く人間になったのです。

今なら、ググればわかるのでしょうか?

ためしてみてね・・・(*^^)v

 

 良い機会なので、足つぼ押しと、マッサージグッズを紹介します。

 

共時性・シンクロニシティ(意味のある偶然の一致

みんな一度や二度の経験はあると思います。

私にもあったのです(^^♪

 

つい最近では、玉ねぎをいっぱいもらった上に生協で頼んでいたのが届いたこと。ある方のブログを見て、思わずひとり笑ってしまった。

そしてそこには、おいしそうなレシピがいっぱいで、思わず私も作った気さえした。

いや、食べた気さえした(モグモグ)

http://www.nych87.com/entry/2017/06/11/200234

www.nych87.com

さらに、その前日、でっかい玉ねぎを一個、たっぷりオニオンスライスサラダにしようと台所で用意していたところに、夫が帰ってきて、開口一番「玉ねぎが血液サラサラにいいらしいんだ!」と言った。どうやら仕事関係の人が、毎日オニオンスライスを食べているらしい。なんというタイミングでしょう! 夫は我が家に大量の玉ねぎがあることを知ラないはずです。

 

これは神様か天使様か守護霊様、いやもしかしたら将軍様の思し召しに違いないっつ!!!(*^^)v

 

玉ねぎをたっぷり食べよう!!

 

何の話だか分からなくなりそうなので確認ですが、

 

シンクロニシティ の話ですよ。

 

またまた食べ物のことで恐縮ですが続けます。

 

ま~だいたい20年ぐらい前のある日の昼下がり

近所の主婦が集まって井戸端会議をしておりました。

話題は「うなぎ」

好きだ嫌いだ! 高いだ安いだ! どこのがおいしい!なんだかんだ・・・

そしてふいにわりと上品なAさんが言った。

「私、前にウナギの骨をのどに引っ掛けて大変な思いをしたことがあるの。ホントにつらかった。」

私は言った。「ウナギの骨ってのどに引っかかるの?それで、どうやってとったの?」と詳しく聞いた。

Aさん「自分ではとれないから、どこどこにある耳鼻科の〇〇さん、あっというまにとってくれたのよ」

 

そうこうしているうちにお開きになり、夕方になりました。

夫から電話がかかってきて・・・

何と言ったか?

 

そうです!

 

「のどが変なんだ。昼に食べたウナギの骨が・・・」

 

あれはまさにシンクロニシティ

当日は遅くなったので、翌日その耳鼻科で、あっという間にとってくれたそうです。

ま、ちいさいシンクロですけど、大きいのはそのうちどこかで誰かが体験して書いてくれると思うので、乞うご期待!

 

そういえば前に、都内で開かれた単発の仕事の説明会に行ったとき、終了後たまたま隣にいた人とお茶してたら、「今、こんな本読んでるの」と見せてくれたのが、ジーン・シノダ・ボーレン著「タオ心理学」 完全に見覚えのある表紙に、「やっぱり! 私も今読んでるところよ」と、二人ともうれしくて話も弾みました。その仕事に関しては、二人とも、あまり気乗りがしなくてやりませんでした。

 

以下、Wikipediaより

シンクロニシティ

カール・ユングによって提唱された: Synchronizitätという概念の英訳である。従来知られていた「因果性」の原理とは異なる、複数の出来事を離れた場所で、同時期に生起させる原理である。

何らかの一致する出来事(何か意味イメージにおいて類似性を備えた出来事群)が、離れた場所で、ほぼ同時期に起きることがある。だが、複数の事象が、従来の「因果性」の説明方法ではうまく説明できない場合がある。そうした、同時期に離れた場所で起きる、一致する出来事を説明するめのある種の原理、作用として提示されたのがシンクロニシティである。

ユングは、ノーベル物理学賞受賞理論物理学者ヴォルフガング・パウリと後に1932年から1958年までパウリ=ユング書簡と呼ばれるパウリのとそれに対するユングの解釈におけるシンクロニシティの議論をし、それをまとめて共著とした"Atom and Archetype:The Pauli/jung Letters, 1932 - 1958"(『原子と元型』)を出版している。[1]

同書のユングの説明によると、人々の心(複数の人々の心)にあるファンタズム(夢・ヴィジョン)と主観は同時的に起きているのであって、ファンタズムが起きている時には互いの心に(ファンタズムが)同時的に起きていることに気づいていないが、後になって客観的な出来事が、多かれ少なかれ同時的に、離れた場所ですら起きたと判明することになり、それについて(客観的な出来事が)シンクロ的に起きたのだと確信的に考えることになるという[2]

なお、ユングは様々な著書で、人間の意識同士は実は、集合的無意識(collective unconscious)によって、そもそも交流しているということは述べている。集合的無意識が、人々の、人々の主観的な意識に入ってゆく過程を、ユングは「個性化」と名付けた。またユングは個々の人の意識が集合的無意識へと反映されるプロセスもあるとしている。人の心は表面的には個別的であるかのように見えてはいても、実は根本的には交流しているのだとしているのである。

ユングは、coincidences コインシデンスについても、(その全てではないにせよ、少なくとも一部は)単なる「偶然」によって起きているのではなく、co-inciding(共に、出来事を起こすこと)、と見なしたのである。

[3]

また、スピリチュアルニューエイジの界隈において、何かのサインや呼び寄せた偶然など所謂虫の知らせ

 シンクロニシティ関連本